賃貸物件

売却までの流れ

売却相談

不動産売却について経験豊富な不動産会社に相談してみましょう。専門家によるアドバイスはきっと参考になるはず。

査定依頼

既に売却が決まっている方はもちろん、売却を検討中の方も、一度、所有している不動産を査定してもらいましょう。

物件の確認・調査・査定

土地・建物の状況、近隣環境を不動産会社が確認し、市場調査、売出事例、成約事例、建築法規、権利関係などの調査を基に不動産査定を実施します。

媒介契約

査定書の内容、価格などを確認し、売却活動の内容についても説明してもらいましょう。十分に納得した上で、媒介契約を締結します。

売却活動

不動産会社はさまざまな媒体を通して物件を告知し、購入希望者を探します。 問合わせがあった場合は実際の物件を見学してもらいます。

営業活動報告

不動産会社から営業活動の状況、問い合わせ状況などの報告を受けます。

売買契約の締結

購入希望者が見つかったら、価格や引渡し条件の調整を行い、不動産の売買契約を締結します。

引渡し準備

買主様への引渡し前に引越しを済ませ、残代金決済・引渡しの準備を進めましょう。住宅ローンなどの抵当権がついている場合は、抹消する準備が必要です。

残代金決済・引渡し

残代金の受領と同時に物件(鍵)の引渡しを行い、売買契約はすべて完了します。